副作用や依存性が弱い睡眠薬「ドラール」がかなり優秀!

睡眠薬は、主に作用時間の長さで分類されています。

3時間程度で効果が切れるものから何十時間も持続するものまで様々。

作用時間の長さによって、現れる副作用も変わってきます。

今回は、長時間作用型の睡眠薬『ドラール』の副作用についてまとめました。

効果が37時間も持続する

ドラール
分類長時間作用型
薬剤名クアゼパム
最高血中濃度
到達時間
3~4時間
血中半減期37時間
効果出現までの時間15~60分
作用時間37時間程度

ドラールはベンゾジアゼピン系の長時間作用型睡眠薬で、特長はなんと言っても37時間という作用時間の長さ。

これは長時間作用型の睡眠薬の中でもかなり長い方で、最長クラスとも言われています。

夜中に目が覚めてしまう『中途覚醒』や早朝に目が覚めてしまう『早期覚醒』、睡眠時間の割に寝た感じがしない『熟眠障害』に悩まされている人には効果が期待できる薬です。

しかし、薬の効果が出るまでに時間がかかるので、なかなか寝付けない『入眠障害』タイプの人には向いていません。

長く効くから副作用も起こりにくい

ドラールの主な副作用としては、以下のものが挙げられます。

持ち越し効果

翌朝まで薬の効果が残ってしまう『持ち越し効果』という副作用です。

長時間眠れるのはいいことですが、日中にまで眠気やだるさが残ってしまうのは困りものですね。

人によってはさらに作用時間が延びてしまうこともあります。

例えば、肝臓が悪い人。

薬は肝臓で分解されるため、肝臓が悪いとその力も弱まります。

その結果薬の分解に時間がかかり、通常よりも長い間体に薬が残ってしまうというわけです。

ふらつき、転倒

これは筋弛緩作用という、筋肉を緩める作用によって起こる現象です。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬には、睡眠作用の他にも以下のような作用があります。

・筋肉を緩める『筋弛緩作用』
・不安を和らげる『抗不安作用』
・痙攣を抑える『抗痙攣作用』

これらの作用の強さは薬の種類によって異なり、ドラールにもこの作用はありますが強さとしては弱めと言われています。

しかし、可能性は0ではないので注意が必要です。

依存性も低く安全

血中濃度が半分まで低下するまでの時間のことを『半減期』といい、一般的に半減期が長い睡眠薬は依存性が低いとされています。

とはいえ、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬にはどれも耐性や依存性が形成される危険があります。

耐性とは、体がだんだん薬に慣れてきて効き目が薄くなることです。

以前のような効果を求めて服用量を増やし、さらにまた耐性ができていき……と、負の連鎖に陥ってしまいます。

依存性という言葉の方がなじみがあるかもしれません。

睡眠薬以外の薬物やアルコールなどでもあることですが、常用しているうちに次第にそれなしではいられなくなってしまう現象のことです。

一般的に作用時間が短く急激に効く睡眠薬ほど依存性が強いと言われており、ドラールは37時間という作用時間の長さから依存の危険性は低いとされています。

とはいえ、これは医師の指示通りに正しく服用していた場合の話です。

勝手に服用量を増やしたり、眠れない状態なわけでもないのに睡眠薬を飲んでしまっていては、依存に陥る危険も大いにあります。

ドラールのデメリット

比較的安全性も高く様々なタイプの睡眠障害に効果的なドラールですが、デメリットもいくつかあります。

先程挙げた「持ち越し効果が多い」というものの他に、「食事の影響を受けやすい」「薬価が高い」などがあります。

ドラールは脂溶性の高い薬なので、食事と一緒に服用すると一気に吸収され、およそ三倍の濃度になってしまいます。

薬をちゃんと効かせるためにも、必ず食後に服用するようにしましょう。

また、他の睡眠薬と比べて薬価が高く、15mgのもの一錠で90.6円、20mgで107.7円となっています。

ドラールは日本より先にアメリカで発売され、その際に製薬会社が高い値段に設定してしまったために、日本でもそれに引きずられて薬価が高くなっているのだそうです。

まとめ

その作用時間の長さから依存性も低く、副作用も起きにくいドラール。

それでいてしっかりと効果があるのはなかなか優秀ですよね。

入眠障害の人には向いていませんが、それ以外のタイプにはおおむね効果が期待できます。

用法用量を守って正しく服用するのであれば、かなり安全に使用できると言えるでしょう。

おすすめの個人輸入代行サイト

睡眠薬は個人輸入代行サイトからも買うことができます。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*