睡眠薬を処方してもらうには?受診前の準備も知っておこう!

睡眠薬が欲しいけど、どこで処方してもらえるのかわからないとお悩みではありませんか?

不眠症で病院にかかったことがなければ、あまりピンときませんよね。

今回は睡眠薬を入手するために行くべき病院、受診前にしておきたいことについて書いていきます。

どんな病院に行けばいい?

睡眠薬を処方してもらうにはどんな病院に行けばいいのでしょうか。

いくつか選択肢がありますのでご紹介します。

睡眠外来

あまり聞きなれない名前かと思いますが、不眠症などの睡眠障害を改善するための治療を行っている専門の病院です。

このような専門病院を受診するメリットは、不眠症や睡眠に関する悩みに対してきちんと検査をしてくれることです。

また、専門の病院で診てもらうことにより安心感も得られます。

精神科、心療内科

専門の病院でなくとも、精神科や心療内科でも睡眠薬を処方してもらえます。

精神科や心療内科は行ったことがない方には入りづらいこともあるでしょう。

しかし、不眠症の原因がうつ病や何らかの精神病によって引き起こされている場合には、こういった病院で治療を受けることをおすすめします。

不眠の原因が精神的なものであるという心当たりがある方は、精神科や心療内科の受診を検討してみてください。

内科

おそらくみなさんにとって一番なじみ深いであろう内科でも、睡眠薬を処方してくれることがあります。

しかし、一時的な不眠を改善する場合であれば問題ありませんが、慢性的な不眠に悩んでいる場合は専門の病院や精神科などを受診してみることをおすすめします。

自分の不眠のタイプを確認しておこう

病院に行く前に確認しておきたいのが、自分の現在の症状です。

なかなか寝付けない『入眠障害』、夜中に目が覚めてしまう『中途覚醒』、朝早くに目が覚めてしまう『早期覚醒』、たくさん寝ても寝た感じがしない『熟眠障害』……

不眠のタイプはいくつかあるので、自分が今どのような症状で悩んでいるのかを把握しておいてください。

その他にもいつから不眠が始まったのか、最近何か変わったことはあったかなど、初診の際にはいろいろと問診を受けます。

自分に合った薬を処方してもらうためにも、きちんと医師に伝えられるようにしておきましょう。

薬だけもらうことは難しい

二回目以降の来院で薬だけを処方してもらえる場合もあるようですが、初めての来院でいきなり薬だけをもらえるわけではありません。

環境や不眠の傾向が変わってきたり、現在服用している薬の効きが悪くなってきた場合などにはその旨をちゃんと医師に伝えるようにしてください。

場合によっては強めの薬に変えてくれることもあります。

薬が効かないからといって、自己判断で服用量を増やすことは絶対にやめましょう。

違法行為を防ぐためでもある

薬をもらうためだけに病院に行くのも面倒だし、簡単に薬だけもらえたらいいのに……

そう思う方も多いでしょう。

ではなぜ、睡眠薬の購入には受診が必要なのでしょうか。

それは、睡眠薬の大量購入や転売を防ぐためです。

本来薬は自分が服用するためだけに購入することが許可されており、譲渡や転売は禁止されています。

また、睡眠薬の中には依存性が高く、依存症の危険性が高いものもあります。

そんな危険な薬が簡単に大量購入できてしまったら睡眠薬依存患者がどんどん増えてしまいますし、転売も横行してしまいます。

信頼できる医師を探そう

結局のところ、対応は病院や医師によっても異なります。

精神科や心療内科では無理でも内科では簡単に睡眠薬をもらえたという例もあるようですが、精神科などに比べれば睡眠薬の種類も限られてくるようです。

とはいえ、診察もろくにせずに薬を処方するような無責任な医師は信用できません。

簡単に薬だけ欲しいという気持ちはわかりますが、患者のことをしっかりと考えてくれる病院に変えることをおすすめします。

まとめ

薬が欲しいだけなのにいちいち診察を受けたくない、薬代以外の出費が惜しい。

気持ちはわかりますが、本当にそれでいいのでしょうか?

ちゃんとした医師であれば、不眠症に悩む患者のことをしっかりと考え、薬を出すだけでなく根本的な治療のために尽力してくれるはずです。

あなた自身も、薬が欲しいのではなく不眠症を治したいというのが本来の希望なはずです。

面倒でもちゃんと病院に行き、しっかりと不眠症治療と向き合いましょう。

おすすめの個人輸入代行サイト

とはいえ、どうしても通院が難しいという場合もあるでしょう。

睡眠薬は個人輸入代行サイトからも買うことができます。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*