2017年 8月 の投稿一覧

夜中に目が覚める!その原因と「中途覚醒」に効果的な睡眠薬

朝までぐっすり寝たいのに、なぜか夜中に目が覚めてしまう……

そんな『中途覚醒』タイプの不眠に悩まされていませんか?

今回は中途覚醒に効果的な睡眠薬をご紹介します。

夜中に目が覚めてしまうのはなぜ?

三千人以上の人を対象に調査を行ったところ、15%の人が夜中に目が覚める中途覚醒に悩んでいるという結果が出ました。

これは、年齢を重ねるにつれ発生しやすくなる傾向にあるそうです。

では、そもそも夜中に目が覚めてしまうのはなぜなのでしょうか。

睡眠サイクルが関係している

睡眠のパターンには2つあります。

・体を休める「レム睡眠」
・脳を休める「ノンレム睡眠」

通常、眠りにつくと最初にレム睡眠があらわれ、時間とともに眠りが深くなりノンレム睡眠に移行します。

それからまた浅い眠りのレム睡眠になり、また深いノンレム睡眠になり……

このようにレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返すのが通常の睡眠サイクルで、その周期はおよそ90分と言われています。

この眠りが浅いレム睡眠のタイミングで覚醒してしまうことが多いのです。

目が覚める原因は様々

ではなぜ眠りが浅くなった時に目が覚めてしまうのでしょうか。

原因として挙げられるのは主に以下の5つです。

加齢

先程も少し触れましたが、年齢が上がるにつれ中途覚醒が起こる確率も上がってきます。

これは、加齢とともに深い睡眠がとれなくなり、全体的な眠りが浅くなることが原因です。

若い頃は睡眠サイクルの中で浅い眠りになっても覚醒には至らなかったものが、全体的に眠りが浅くなることで覚醒するまでに浅くなってしまうというわけです。

生活習慣

寝る前の飲酒や夜遅くの食事が原因になることもあります。

寝酒というと「眠りに入りやすくなる」というイメージがありますね。

それはその通りなのですが、寝る前の飲酒により睡眠の質が悪くなり、眠りが浅くなることも事実です。

アルコールは3時間程度でアセトアルデヒドという毒素に分解されます。

このアセトアルデヒドには活動する神経『交感神経』を刺激し、脳を覚醒させる作用があるため、夜中に目が覚めてしまうというわけです。

では、夜遅くの食事がよくない理由はなんでしょう。

普通、食事をしたら胃が消化をしてくれますよね。

胃の中に食べ物が入っている状態で眠りにつくと、寝ている間も胃は消化を続けなければなりません。

つまり、眠っていても体の一部が一生懸命動いている状態になるわけです。

このため休息が十分に行われず、中途覚醒に繋がってしまうのです。

身体の痛み

首、肩、腰などの痛みも眠りを浅くする原因になります。

腰痛持ちなどでなくても、枕やマットレスが合っていないと体には負担がかかります。

枕やマットレスには毎日圧力がかかっているので、年月の経過とともに形も変わってきます。

知らず知らずのうちに体にフィットしなくなり、安眠の妨げになることもあるのです。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は睡眠障害の一種で、寝ている間に呼吸が頻繁に止まってしまい、そのために瞬間的に脳が覚醒してしまうというものです。

無呼吸が原因で中途覚醒している場合は、あまり自覚症状がありません。

覚醒といっても一時的に脳が覚醒するだけで、すぐにまた入眠してしまうからです。

無呼吸による覚醒と睡眠が浅くなるタイミングが重なる場合には、自覚できるレベルで覚醒することもあります。

周期性四肢運動障害

あまり聞きなれない言葉かと思いますがこちらも睡眠障害の一つで、睡眠中に足がぴくんと動いたり、けいれんしたりする症状のことを言います。

睡眠中に起こるため自覚がない場合がほとんどで、本人としては「なぜかわからないが目が覚めた」という感覚です。

年齢が上がるにつれ発症率も高くなり、50歳以上の人に多いと言われています。

短時間~中間作用型がおすすめ

では、そんな中途覚醒に悩む方に合う睡眠薬はどんなものがあるのでしょう。

睡眠薬は作用時間ごとに分類されており、2~3時間で効果が切れてしまうものから何十時間も持続するものまで実に様々です。

分類商品名薬剤名最高血中濃度
到達時間
血中半減期
短時間作用型デパスエチゾラム3.3時間6.3時間
リスミーリルマザホン3時間10.5時間
レンドルミンブロチゾラム1.5時間7時間
エバミールロルメタゼパム1~2時間10時間
ロラメット
中間作用型サイレースフルニトラゼパム1~2時間15時間
ロヒプノール
ベンザリンニトラゼパム2時間21~25時間
ネルボン

その中でも短時間作用型、中間作用型が効果的です。

作用時間が長いため、夜中に目が覚めることなくぐっすり眠ることができます。

寝つきが悪い「入眠障害」も併発している場合は、エバミールやロラメットなどの比較的効きが早いものを選ぶといいでしょう。

しかし、作用時間が長ければ長いほど、翌日にまで眠気が残りやすいというデメリットもあります。

その場合、朝起きるのがつらかったり、日中の眠気やだるさに悩まされたりします。

まとめ

睡眠薬はあくまで一時的に不眠の症状をおさえるためのもので、不眠の根本的な治療はできません。

極力薬を使わずに不眠を治せればいいのですが、何日も眠れない状態が続いてしまうと生活に支障を来します。

そうならないためにも、睡眠薬の力を借りることは悪いことではありません。

医師の指導のもと、用法用量を守って正しく服用していれば不眠の強い味方になってくれます。

おすすめの個人輸入代行サイト

睡眠薬は個人輸入代行サイトからも買うことができます。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。

睡眠薬を処方してもらうには?受診前の準備も知っておこう!

睡眠薬が欲しいけど、どこで処方してもらえるのかわからないとお悩みではありませんか?

不眠症で病院にかかったことがなければ、あまりピンときませんよね。

今回は睡眠薬を入手するために行くべき病院、受診前にしておきたいことについて書いていきます。

どんな病院に行けばいい?

睡眠薬を処方してもらうにはどんな病院に行けばいいのでしょうか。

いくつか選択肢がありますのでご紹介します。

睡眠外来

あまり聞きなれない名前かと思いますが、不眠症などの睡眠障害を改善するための治療を行っている専門の病院です。

このような専門病院を受診するメリットは、不眠症や睡眠に関する悩みに対してきちんと検査をしてくれることです。

また、専門の病院で診てもらうことにより安心感も得られます。

精神科、心療内科

専門の病院でなくとも、精神科や心療内科でも睡眠薬を処方してもらえます。

精神科や心療内科は行ったことがない方には入りづらいこともあるでしょう。

しかし、不眠症の原因がうつ病や何らかの精神病によって引き起こされている場合には、こういった病院で治療を受けることをおすすめします。

不眠の原因が精神的なものであるという心当たりがある方は、精神科や心療内科の受診を検討してみてください。

内科

おそらくみなさんにとって一番なじみ深いであろう内科でも、睡眠薬を処方してくれることがあります。

しかし、一時的な不眠を改善する場合であれば問題ありませんが、慢性的な不眠に悩んでいる場合は専門の病院や精神科などを受診してみることをおすすめします。

自分の不眠のタイプを確認しておこう

病院に行く前に確認しておきたいのが、自分の現在の症状です。

なかなか寝付けない『入眠障害』、夜中に目が覚めてしまう『中途覚醒』、朝早くに目が覚めてしまう『早期覚醒』、たくさん寝ても寝た感じがしない『熟眠障害』……

不眠のタイプはいくつかあるので、自分が今どのような症状で悩んでいるのかを把握しておいてください。

その他にもいつから不眠が始まったのか、最近何か変わったことはあったかなど、初診の際にはいろいろと問診を受けます。

自分に合った薬を処方してもらうためにも、きちんと医師に伝えられるようにしておきましょう。

薬だけもらうことは難しい

二回目以降の来院で薬だけを処方してもらえる場合もあるようですが、初めての来院でいきなり薬だけをもらえるわけではありません。

環境や不眠の傾向が変わってきたり、現在服用している薬の効きが悪くなってきた場合などにはその旨をちゃんと医師に伝えるようにしてください。

場合によっては強めの薬に変えてくれることもあります。

薬が効かないからといって、自己判断で服用量を増やすことは絶対にやめましょう。

違法行為を防ぐためでもある

薬をもらうためだけに病院に行くのも面倒だし、簡単に薬だけもらえたらいいのに……

そう思う方も多いでしょう。

ではなぜ、睡眠薬の購入には受診が必要なのでしょうか。

それは、睡眠薬の大量購入や転売を防ぐためです。

本来薬は自分が服用するためだけに購入することが許可されており、譲渡や転売は禁止されています。

また、睡眠薬の中には依存性が高く、依存症の危険性が高いものもあります。

そんな危険な薬が簡単に大量購入できてしまったら睡眠薬依存患者がどんどん増えてしまいますし、転売も横行してしまいます。

信頼できる医師を探そう

結局のところ、対応は病院や医師によっても異なります。

精神科や心療内科では無理でも内科では簡単に睡眠薬をもらえたという例もあるようですが、精神科などに比べれば睡眠薬の種類も限られてくるようです。

とはいえ、診察もろくにせずに薬を処方するような無責任な医師は信用できません。

簡単に薬だけ欲しいという気持ちはわかりますが、患者のことをしっかりと考えてくれる病院に変えることをおすすめします。

まとめ

薬が欲しいだけなのにいちいち診察を受けたくない、薬代以外の出費が惜しい。

気持ちはわかりますが、本当にそれでいいのでしょうか?

ちゃんとした医師であれば、不眠症に悩む患者のことをしっかりと考え、薬を出すだけでなく根本的な治療のために尽力してくれるはずです。

あなた自身も、薬が欲しいのではなく不眠症を治したいというのが本来の希望なはずです。

面倒でもちゃんと病院に行き、しっかりと不眠症治療と向き合いましょう。

おすすめの個人輸入代行サイト

とはいえ、どうしても通院が難しいという場合もあるでしょう。

睡眠薬は個人輸入代行サイトからも買うことができます。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。

眠れないほどのイライラに!リラックスできる対処法紹介

とにかくイライラがおさまらない日ってありますよね。

仕事で嫌なことがあってイライラして、その帰りの満員電車にもイライラして、帰ってからも箪笥の角に足の小指をぶつけて怒り大爆発……

なんて経験はありませんか?

そんな時はとにかくぐっすり寝て、嫌なことも全部忘れてしまいたいですよね。

なのに、布団に入ってからもイライラして眠れない!

クソ!!!!!

眠れないことにさらにイライラして、もう自分でも何にイライラしてるのかわからなくなってきたりします。

イライラして疲れてる自分をいたわってあげたいのにイライラのせいで眠れないなんて馬鹿らしいですよね。

というわけで今回はイライラして眠れない時の対処法をご紹介します!

イライラの原因は自律神経の乱れ

自律神経という言葉を聞いたことがありますか?

自律神経は血圧や脈拍、消化機能など、生命維持に必要な体の機能をコントロールしており、さらに「交感神経」と「副交感神経」の二つに分けられます。

簡単に言うと交感神経は「活動する神経」、副交感神経は「休む神経」です。

この二つが交互にバランスよく働くことで、健康が保たれています。

本来であれば寝る前には休む神経の「副交感神経」が働き、体が休息モードに入るのですが……

イライラしている時は活動する神経の「交感神経」が優位に働くため、興奮状態になります。

そのため体が休息モードに入れず、なかなか眠りにつけないというわけです。

休息モードに入るためには?

体を休息モードにするためには、副交感神経が優位になるように自律神経を整える必要があります。

ではそのために何をしたらいいのでしょうか?

ゆったりお風呂+ストレッチ

嫌なことがあるとさっさと寝てしまいたくなりますが、湯船に浸かることはスムーズに眠りに入る手助けになるので、なるべく入るようにしてください。

38~40℃程度のお湯に10~15分ほど浸かって体をしっかりと温めましょう。

ただし、42℃以上の熱いお湯だと逆に交感神経が働いて余計に眠れなくなってしまうので注意してくださいね。

加えて、寝る前にストレッチをすることで血流がよくなり、副交感神経が優位になるのを助けます。

部屋を暗くしてゆっくり呼吸

部屋の照明やスマホ画面の光は、交感神経を刺激して休息モードに入るのを妨げてしまうので避けてくださいね。

布団に入って目を閉じ、ゆっくりと呼吸をしましょう。

この時、鼻からゆっくり吸って、口からゆっくり吐くようにしてください。

くれぐれもイライラの元凶を思い出さないように!眠ることに集中しましょう。

ヤケ酒はだめ!

嫌なことがあるとお酒の力で忘れてしまいたくなりますよね。

わかります。

とてもわかりますが……ダメなんです。

寝る前の飲酒は眠りを浅くし、睡眠の質を低下させてしまいます。

多量のアルコールを摂取しての睡眠では脳が休まらないので、効果的とは言えないのです。

同様に、カフェインやタバコも安眠の妨げになるのでNGです。

まとめ

現代社会に生きる私達にとって、ストレスやイライラはつきもの。

ある調査によると、成人の男女は一日平均4回はイライラすることがあるという結果が出ているそうです。

できることならイライラなんて感じずに日々を過ごしたいものですが、それも難しいですよね。

残念ながら自分で対処法を実践するしかありません。

不眠が癖になってしまう前に、少しずつでいいので試してみてください。

おすすめの個人輸入代行サイト

それでも眠れないという場合には睡眠薬の力を借りるのも手です。

睡眠薬は個人輸入代行サイトからも買うことができます。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。

寝酒は危険!不眠症改善にアルコールがおすすめできない理由

夜、なかなか寝付けない時にお酒の力を借りる「寝酒」。

確かにアルコールには眠気を促す作用がありますが、その方法が本当に正しいと言えるでしょうか?

寝酒を続けるリスク、考えたことがありますか?

睡眠障害の原因になる

就寝前の飲酒には、様々な睡眠障害のリスクがあります。

お酒を飲む人なら経験があるようなことですが、危険性をきちんと把握しておきましょう。

眠りが浅くなり、脳が休まらない

睡眠のパターンには2つあります。

・体を休める「レム睡眠」
・脳を休める「ノンレム睡眠」

通常、眠りにつくと最初にレム睡眠があらわれ、時間とともに眠りが深くなりノンレム睡眠に移行します。

それからまた浅い眠りのレム睡眠になり、また深いノンレム睡眠になり……

このようにレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返すのが通常の睡眠サイクルです。

しかし、寝る前にアルコールを摂取した場合は違います。

最初に深いノンレム睡眠が現れるのでぐっすり眠れたように感じますが、時間の経過によってアルコールの血中濃度が低下すると、逆に覚醒作用が働いてしまいます。

それ以降はノンレム睡眠が減り、浅い眠りのレム睡眠の時間が長くなってしまうのです。

レム睡眠は体を休める睡眠なので、ノンレム睡眠の時間が短ければ脳は休まりません。

中途覚醒の原因に

多量のアルコールを摂取すると覚醒中枢や睡眠中枢が麻痺し、麻酔状態と同じく意識そのものが失われてしまうので、脳や体を休める回復過程もストップしてしまいます。

アルコールの麻酔状態が切れると、覚醒中枢が回復して目が覚めてしまいます。

休みの前日に大量のお酒を飲み、昼過ぎまで寝ようと思ったのに意外と早く目が覚めてしまった、という経験はありませんか?

これは覚醒中枢の働きによるものだったのです。

また、アルコールを飲むと、約3時間ほどでアセトアルデヒドという毒素に分解されます。

この時に交感神経が刺激され、体温や脈拍が上昇することで夜中に目が覚めやすくなります。

その他にも、アルコールには利尿作用があるため、夜中にトイレに目が覚めてしまうことも考えられます。

睡眠時無呼吸症候群

アルコールには筋緊張を和らげる作用があり、舌の筋肉が緩むことで喉の奥に舌が落ち込み、いびきの原因になります。

また、睡眠中に呼吸が停止したり、喉の空気の流れが弱くなったりする睡眠時無呼吸症候群につながる恐れもあります。

アルコール依存症になる危険性も!

眠くなるまで飲むということは、かなりのアルコール量になるでしょう。

毎日それだけの量を飲み続けているとアルコール耐性も上がり、それにより飲酒量も増えていきます。

そんな生活を繰り返していればアルコール依存症になる危険性もありますし、アルコールがないと眠れない不眠症になるおそれもあります。

まとめ

いかがでしたか?

耳が痛い、という方もいたのではないでしょうか。

実は、日本人の3割が不眠の解消のために飲酒をするのだそうです。

これだけリスクの高い寝酒ですが、睡眠薬よりも安全に寝付けると思っている人も少なくありません。

むしろ、無茶な寝酒を続けている方がよっぽど体に悪影響を及ぼします。

睡眠薬は正しく使えば決して危険な薬ではないので、間違った認識は捨てて睡眠薬の力を借りることをおすすめします。

ただし、睡眠薬とアルコールの併用はとても危険なので絶対にしないでください。

「睡眠薬を飲むならお酒は飲まない、お酒を飲んでしまったら睡眠薬は飲まない」ということを徹底しましょう。

おすすめの個人輸入代行サイト

睡眠薬は個人輸入代行サイトからも買うことができます。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。

不眠気味ならまず試して!効果的なストレス解消方法

不眠には様々な原因があり、ストレスもその中の一つです。

現代社会を生きるのにストレスはつきものですよね。

自分では気付かなくても、知らず知らずのうちにためこんでしまっているかもしれません。

今回は不眠症改善のために、ストレスを解消する方法をご紹介します!

ストレスの原因をはっきりさせる

何がストレスの原因なのかはっきりと心当たりがある人はいいですが、無意識の方もいることでしょう。

そんな時は、何が自分のストレスになっているのか、日頃の生活を振り返ってみましょう。

仕事や恋愛、対人関係、SNS疲れ、いろいろあると思います。

ではそれがどんなストレスなのか。

ストレスの種類ごとに解消法を紹介していきますね。

怒り

怒りは多大なストレスをもたらします。

嫌いな人のことを思い浮かべるだけで怒りがこみ上げてくる経験もあるでしょう。

これはため込まずに外に放出することでストレス解消に繋がります。

日記に悪口を書くこともできますが、実際に声に出すことですっきりする場合が多いです。

飲み会の席でひたすら愚痴をこぼす人がいますが、実はあれはかなりのストレス発散になっているのです。

ただ、人に聞かせることで逆にその人のストレスになってしまうこともあるので加減が必要ですが(笑)

人に愚痴を言うのが忍びないという方は、独り言でもいいので声に出してみましょう。

クッションを口に当てて叫ぶだけでも違うので、ご近所さんの迷惑にならない程度にやってみてください。

悲しみ

悲しみもまた、大きなストレスになります。

悲しみを薄れさせるのは時間の経過が一番と言いますが、何か行動を起こすことで少しでもその助けになればいいですよね。

まずは極力そのことを考えないようにしましょう。

考えれば考えるほど深みにはまっていって、最悪の場合自力では抜け出せないところまで落ち込んでしまう恐れがあります。

好きな音楽を聴いたり、ジョギングや筋トレなどで体を動かして気分転換するのもおすすめです。

中でも筋トレは、血流を改善して体の中の循環作用を高めてくれます。

一通り筋トレを終えた後は頭も体もすっきりしていることでしょう。

ただ、やりすぎて筋肉痛になってしまうと新たなストレスのもとになるので注意が必要です。

身体的ストレス

疲労などで体にストレスがかかることもあります。

職種によっては、肩こりや腰痛など、職業病とも言える体の不調がありますよね。

私自身も以前は酷い腰痛に悩まされ、そのせいで不眠気味になったこともありました。

体が不調なことで心にもストレスがたまっていく、まさに負の連鎖です。

そういう時は、まず体をリラックスさせてあげること。

ゆっくりお風呂に浸かったり、あたたかいハーブティーを飲んだり……

時間とお金に余裕があればリラクゼーションサロンなどに行くのもおすすめです。

ゆったりと体をほぐして休めることで、かなりストレスが軽減されますよ。

まとめ

いかがでしたか?

ストレスはため込んでいても何もいいことがありません。

不眠が原因でさらなるストレスを生むこともあるので、少しでももやもやした気持ちがあれば積極的にストレス解消にチャレンジすることをおすすめします。

それがきっかけで新たな自分に出会えることもあるかもしれませんよ。

副作用や依存性が弱い睡眠薬「ドラール」がかなり優秀!

睡眠薬は、主に作用時間の長さで分類されています。

3時間程度で効果が切れるものから何十時間も持続するものまで様々。

作用時間の長さによって、現れる副作用も変わってきます。

今回は、長時間作用型の睡眠薬『ドラール』の副作用についてまとめました。

効果が37時間も持続する

ドラール
分類長時間作用型
薬剤名クアゼパム
最高血中濃度
到達時間
3~4時間
血中半減期37時間
効果出現までの時間15~60分
作用時間37時間程度

ドラールはベンゾジアゼピン系の長時間作用型睡眠薬で、特長はなんと言っても37時間という作用時間の長さ。

これは長時間作用型の睡眠薬の中でもかなり長い方で、最長クラスとも言われています。

夜中に目が覚めてしまう『中途覚醒』や早朝に目が覚めてしまう『早期覚醒』、睡眠時間の割に寝た感じがしない『熟眠障害』に悩まされている人には効果が期待できる薬です。

しかし、薬の効果が出るまでに時間がかかるので、なかなか寝付けない『入眠障害』タイプの人には向いていません。

長く効くから副作用も起こりにくい

ドラールの主な副作用としては、以下のものが挙げられます。

持ち越し効果

翌朝まで薬の効果が残ってしまう『持ち越し効果』という副作用です。

長時間眠れるのはいいことですが、日中にまで眠気やだるさが残ってしまうのは困りものですね。

人によってはさらに作用時間が延びてしまうこともあります。

例えば、肝臓が悪い人。

薬は肝臓で分解されるため、肝臓が悪いとその力も弱まります。

その結果薬の分解に時間がかかり、通常よりも長い間体に薬が残ってしまうというわけです。

ふらつき、転倒

これは筋弛緩作用という、筋肉を緩める作用によって起こる現象です。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬には、睡眠作用の他にも以下のような作用があります。

・筋肉を緩める『筋弛緩作用』
・不安を和らげる『抗不安作用』
・痙攣を抑える『抗痙攣作用』

これらの作用の強さは薬の種類によって異なり、ドラールにもこの作用はありますが強さとしては弱めと言われています。

しかし、可能性は0ではないので注意が必要です。

依存性も低く安全

血中濃度が半分まで低下するまでの時間のことを『半減期』といい、一般的に半減期が長い睡眠薬は依存性が低いとされています。

とはいえ、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬にはどれも耐性や依存性が形成される危険があります。

耐性とは、体がだんだん薬に慣れてきて効き目が薄くなることです。

以前のような効果を求めて服用量を増やし、さらにまた耐性ができていき……と、負の連鎖に陥ってしまいます。

依存性という言葉の方がなじみがあるかもしれません。

睡眠薬以外の薬物やアルコールなどでもあることですが、常用しているうちに次第にそれなしではいられなくなってしまう現象のことです。

一般的に作用時間が短く急激に効く睡眠薬ほど依存性が強いと言われており、ドラールは37時間という作用時間の長さから依存の危険性は低いとされています。

とはいえ、これは医師の指示通りに正しく服用していた場合の話です。

勝手に服用量を増やしたり、眠れない状態なわけでもないのに睡眠薬を飲んでしまっていては、依存に陥る危険も大いにあります。

ドラールのデメリット

比較的安全性も高く様々なタイプの睡眠障害に効果的なドラールですが、デメリットもいくつかあります。

先程挙げた「持ち越し効果が多い」というものの他に、「食事の影響を受けやすい」「薬価が高い」などがあります。

ドラールは脂溶性の高い薬なので、食事と一緒に服用すると一気に吸収され、およそ三倍の濃度になってしまいます。

薬をちゃんと効かせるためにも、必ず食後に服用するようにしましょう。

また、他の睡眠薬と比べて薬価が高く、15mgのもの一錠で90.6円、20mgで107.7円となっています。

ドラールは日本より先にアメリカで発売され、その際に製薬会社が高い値段に設定してしまったために、日本でもそれに引きずられて薬価が高くなっているのだそうです。

まとめ

その作用時間の長さから依存性も低く、副作用も起きにくいドラール。

それでいてしっかりと効果があるのはなかなか優秀ですよね。

入眠障害の人には向いていませんが、それ以外のタイプにはおおむね効果が期待できます。

用法用量を守って正しく服用するのであれば、かなり安全に使用できると言えるでしょう。

おすすめの個人輸入代行サイト

睡眠薬は個人輸入代行サイトからも買うことができます。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。

もう依存は怖くない!依存性の弱い睡眠薬がおすすめな理由

睡眠薬を使用するうえで一番怖いのは『依存』ではないでしょうか。

体に耐性がついて決められた量だけでは眠れなくなり、服用量を増やしていくことでさらに耐性が強まってどんどん依存の泥沼にはまっていく……

今回はそんな負の連鎖に陥らないために役立つ、依存性の弱い睡眠薬についてご紹介します。

睡眠薬はどんどん進化している

睡眠薬は時代とともに進化を遂げていて、副作用や依存性もどんどん緩和されています。

発売年代薬の種類
1950年代バルビツール酸系、
非バルビツール酸系
1960年代ベンゾジアゼピン系
1980年代非ベンゾジアゼピン系
2010年メラトニン受容体作動薬
2014年オレキシン受容体拮抗薬

この表はこれまでに使われてきた睡眠薬を年代順にまとめたもので、古いものほど副作用や依存性が強いです。

1950年代に生まれたバルビツール酸系の睡眠薬は副作用や依存性も強く、大量に飲んだりアルコールと同時に摂取したりすると死に至ることも珍しくない危険な薬でした。

そのため、現在では病院で処方されることはほとんどありません。

現在主流になっているのは1960年代に生まれたベンゾジアゼピン系と、ベンゾジアゼピン系を改良して生まれた非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬。

バルビツール酸系などに比べれば副作用は起きにくいとされていますが、実際にハルシオンやデパスなどのベンゾジアゼピン系の睡眠薬による依存が問題になっています。

非ベンゾジアゼピン系のものも、ベンゾジアゼピン系から改良されているとはいえ、長期の服用や過剰摂取により依存症に陥っている人が多いのも事実です。

安全性の高いロゼレム

そんな中、2010年に登場したのがメラトニン受容体作動薬。

ロゼレムという商品名で知られています。

作用時間は2~3時間と短いので、入眠障害に悩む方におすすめです。

従来の睡眠薬は脳の働きを抑えることで催眠作用を起こしていましたが、ロゼレムは体内時計を調節して眠気を誘発するというもの。

人は夜になると睡眠ホルモンの『メラトニン』が分泌されます。

これにより深部体温が低下し、休息に適した状態になり、眠気を感じるようになるという仕組みです。

ロゼレムはこのメラトニンに似た働きをするため、自然に眠りにつく時と似たような状態にしてくれるのです。

副作用が起こりにくい

ロゼレムの特長の一つに副作用が起こりにくいというものがありますが、やはり副作用が全く起こらないということはありません。

ロゼレムの服用で起こる副作用は、以下のものが確認されています。

・眠気
・頭痛
・めまい

眠気というのはいわゆる持ち越し効果。

日中まで眠気が持ち越してしまうという作用ですね。

ロゼレムが効きすぎてしまうために起こる副作用です。

頭痛やめまいなどの副作用も、軽度とはいえ起こる可能性があります。

依存性が極めて弱い

依存性の高い睡眠薬だと、服用をやめる時に不整脈、体の震え、耳鳴り、吐き気などの様々な離脱症状が起こります。

この離脱症状がかなり苦痛なために、睡眠薬をやめられないという人が後を絶ちません。

ロゼレムは依存性が極めて弱いため、服用をやめても離脱症状や反跳性不眠で苦しむことがありません。

ロゼレムのデメリット

・抗不安作用がないため実感が得られにくい
・翌朝に眠気を感じることが多い
・デプロメール/ルボックス(フルボキサミン)が使えない
・薬価が高い

ロゼレムは従来の睡眠薬のように抗不安作用がないので、効果が出ているという実感が得られにくいとのこと。

翌朝まで眠気が残ってしまう場合も少なくないようです。

また、抗うつ剤のデプロメール/ルボックス(フルボキサミン)を服用している人は要注意。

フルボキサミンはロゼレムの代謝酵素を阻害してしまうので、ロゼレムの分解が遅くなり血中濃度が数十倍にも膨れ上がってしまいます。

他の抗うつ剤との併用は可能です。

薬価が高いのは新しい薬なので仕方ないかもしれませんね。

ロゼレムの薬価は8mgのもので84.9円です。

依存性の弱いベルソムラ

ベルソムラはロゼレムよりさらに新しく、2014年に生まれた睡眠薬です。

作用時間は6~7時間なので、夜中に目が覚めてしまうというタイプの不眠に効果的です。

自然な眠りにつくことができるという点ではロゼレムと共通していますが、催眠作用の仕組みが違います。

ベルソムラの作用には、『オレキシン』という神経伝達物質が関係しています。

オレキシンは様々な神経細胞を活発にする働きがあり、本来であれば日中に増加して夜間に減少します。

ベルソムラの副作用

確認されているベルソムラの副作用としては以下のものがあります。

・眠気
・頭痛
・疲労
・悪夢

副作用が起こりにくいとはいえ、可能性が全くないわけではありません。

実際に不眠患者を対象とした試験でこのような副作用が報告されています。

特に気になるのが悪夢という副作用。

夢くらいなんてことないと思うかもしれませんが、何度も悪夢を見続けていればストレスもたまりますし、何より悪夢のせいで夜中に目が覚めてしまうということも考えられます。

健康に直接害はないとはいえ、軽視できない副作用です。

耐性や依存性がない

報告されている副作用は少なくないですが、ベルソムラが優れているのは耐性や依存性がないことです。

通常、睡眠薬を長期にわたって服用していると体が薬に慣れてしまってだんだん薬効が感じられなくなってきます。

結果、効果を求めて服用量が増えてそれにまた耐性がついて……というのが依存の仕組みです。

ベルソムラは飲み続けても耐性ができにくく、服用をやめても離脱症状や反跳性不眠などが起こらなかったという臨床試験の結果があります。

ベルソムラのデメリット

・悪夢を見ることが多い
・翌日の眠気が多い
・薬価が高い
・グレープフルーツジュースは控えなければならない

悪夢は先程触れた通り、翌日の眠気や薬価についてはロゼレムと共通しています。

ちなみにベルソムラの薬価は10mgのもので68円。

15mgで89.1円、20mgで107.9円です。

グレープフルーツジュースがだめな理由も、ロゼレムと同じようなものです。

ベルソムラは、CYP3Aという肝臓の酵素で代謝されます。

グレープフルーツジュースはCYP3Aを阻害してしまうため、ベルソムラの代謝ができず体内の濃度が急激に上がってしまいます。

薬を正しく使うためにも、グレープフルーツジュースを飲むのは控えましょう。

まとめ

実際に依存症に苦しんでいる人がたくさんいることもあり、睡眠薬=依存性が強くて怖い薬、というイメージはまだぬぐい切れません。

ですが、依存性が弱く安全性の高い薬がこれから主流になっていけば、依存症患者の数は減っていくのではないでしょうか。

ロゼレムやベルソムラが睡眠障害に悩む人たちの救世主となることを願います。

おすすめの個人輸入代行サイト

もちろん、自分に合った薬を使うことも大事です。

睡眠薬は病院で処方してもらうだけでなく、個人輸入代行サイトからも買うことができます。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。