未分類

寝つきが悪い方必見!とにかく即効性のある睡眠薬はこれだ!

「せっかく薬を飲むなら即効性がある方がいい!」

睡眠障害には様々なタイプがありますが、その中でも『入眠障害』に悩まされている方は特にそう思うことでしょう。

では、数ある睡眠薬の中でどれが一番即効性があるのか?気になりますよね。

今回は即効性のある睡眠薬についてご紹介します。

即効性のある睡眠薬はこれだ!

即効性を期待できる睡眠薬にもいくつかあります。

種類ごとに紹介していくので参考にしてみてくださいね。

とにかく即効性に優れたマイスリー、アモバン

睡眠薬は作用時間によっていくつかのタイプに分類されています。

その中でも即効性を期待するのであれば、超短時間作用型のものを使うのがいいでしょう。

超短時間作用型の中でも、マイスリーやアモバンなどは特に即効性がある薬として知られています。

服用してからおよそ15~30分程度で睡眠効果が現れ、0.8時間ほどで血中濃度が最高値まで上がります。

とにかく即効性を求める人にはぴったりですが、その分効果は長続きしません。

3~4時間で効果が切れてしまうので、夜中に目が覚めてしまう『中途覚醒』や朝早くに目が覚めてしまう『早期覚醒』タイプの人には向いていません。

キレの良さを求めるならハルシオン

ハルシオンも超短時間作用型の睡眠薬です。

服用してから10~20分程度で眠気を感じ始め、1.2時間ほどで最高血中濃度まで上昇します。

ただ、やはりこちらも効果は長続きしません。

2~4時間程度で効果は切れてしまうので、まさにキレの良い睡眠薬と言えるでしょう。

また、ハルシオンは睡眠薬の中でもかなり効果が強いとされており、副作用についても懸念の声が上がっています。

作用時間も欲しいならサイレース、ロプヒノール

即効性だけじゃなくてある程度の作用時間も欲しいという方ももちろんいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、サイレースやロプヒノールです。

服用してから30分~1時間ほどで眠気が現れ、睡眠効果は7~8時間も持続します。

即効性の面では少し劣りますが、入眠障害に加えて中途覚醒や早期覚醒を併発している方も安心です。

ただし、作用時間が長い分朝まで薬の作用が残り、日中の眠気やだるさなどに繋がる『持ち越し効果』も心配されます。

ちなみにサイレースとロプヒノールは製造メーカーが違うだけで中身や効果は同じものです。

即効性がある=副作用が強い

即効性があるということは、脳に人工的に働きかけ、急激に眠りにつかせる力があるということです。

そのため、長時間かけてじわじわと作用する薬に比べて副作用が強いと言われています。

超短時間作用型の睡眠薬によく見られる副作用としては以下のものが挙げられます。

反跳性不眠

それまで飲んでいた睡眠薬をやめたときに起こる現象で、薬を飲み始めた頃よりもひどい不眠に悩まされることを言います。

これが原因で睡眠薬がやめられないという人も少なくないですし、依存症の原因にもなります。

ハルシオンのように短時間でガツンと効くタイプの睡眠薬を常用していた人に多く見られます。

一過性前向性健忘

少し難しい言葉のように見えますが、簡単に言えば「薬を飲んでから寝るまでの記憶がなくなること」です。

他にも、夜中に目が覚めた時の記憶がなくなることも一過性前向性健忘に含まれます。

なぜこんなことが起こるのかというと、薬が急激に効くことで脳が中途半端な覚醒状態になるからです。

睡眠薬の作用で記憶を司っている『海馬』というところが鎮静されるために、海馬の記憶する能力が一時的に停止してしまい、記憶が抜け落ちてしまうのです。

実際にハルシオンやマイスリーで記憶をなくし、知らない間に食事をしていた、電話をかけていた、ネットで買い物をしていたなどの経験がある人も多数います。

耐性・依存性

長期にわたり同じ睡眠薬を飲み続けていると、体がそれに適応してきて効果が感じられなくなってくることがあります。

これが耐性です。

耐性ができると、以前のような効果を得たいがために服用量を増やしてしまいます。

その量でさらに耐性がつき、また服用量が増え……

これにより依存のサイクルが形成され、最悪の場合重度の依存症に陥ってしまいます。

そうなるとそこから抜け出すのはかなり難しく、睡眠薬をやめようとすると吐き気やめまい、耳鳴りなどの離脱症状が現れます。

まとめ

ここまできてこんな身も蓋もないことを言ってしまうのは気が引けますが、実際のところ薬の効く効かないは個人差によるところが大きいです。

睡眠薬に限らずみなさんにも、例えば市販の風邪薬などでも「この薬は評判がいいから買ったけど全然効かない!」という経験が少なからずあるのではないでしょうか。

同じ超短時間作用型の睡眠薬でも、薬によって少しずつ作用が異なります。

ましてや脳はとても繊細ですから、ほんの少しの薬の作用の違いでも効果が出やすかったり出にくかったりするものです。

薬が効かないからと言って量を増やして無理に飲み続けてしまうと依存に陥るおそれもあります。

合わないと感じたらすぐに医師に相談し、自分に合った薬を見つけてください。

おすすめの個人輸入代行サイト

自分に合った睡眠薬を見つけるための方法として、個人輸入代行サイトからの購入という手もあります。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。

海外で禁止されるほど強力な睡眠薬「ハルシオン」の副作用って?

睡眠薬の中でも特に即効性と効果の強さに定評のあるハルシオン。

でも強めの薬は副作用が気になる、という方も多いと思います。

まずはハルシオンがどんな薬なのか、どんな副作用があるのかということを理解しておきましょう。

即効性と効果は抜群!

ハルシオン
分類超短時間作用型
薬剤名トリアゾラム
最高血中濃度
到達時間
1.2時間
血中半減期2.9時間
効果出現までの時間10~20分程度
作用時間2~4時間程度

ハルシオンはベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、超短時間作用型に分類されます。

服用から10~20分程度で効果が表れ始め、1.2時間ほどで最高血中濃度に到達します。

血中の濃度が半分まで落ちるのには2.9時間ほど。

即効性があり短時間でよく効くので、なかなか寝付けないタイプの「入眠困難」という睡眠障害の人に向いています。

逆に言えば、寝付いてから起きるまでに何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」などには向いていません。

主に見られる副作用

睡眠薬にはベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系があり、ハルシオンが属するベンゾジアゼピン系の方が副作用は出やすいと言われています。

睡眠薬の代表的な副作用はいくつかありますが、今回はハルシオンを服用した場合に起こりやすい副作用を紹介します。

記憶障害

記憶障害というとちょっと大げさな感じもしますが、薬を飲んでから眠るまでの間や夜中に目が覚めた時のことを忘れてしまうことを指します。

これはハルシオンなどの超短時間作用型の睡眠薬を服用した場合に発生しやすいと言われています。

なぜこんなことが起こるかというと、薬が急激に効くことで脳が中途半端な覚醒状態をになってしまうせいです。

反跳性不眠

それまで使っていた睡眠薬を突然やめたことで起こる現象で、睡眠薬を服用し始めた頃よりも強い不眠に襲われます。

これが原因で睡眠薬をやめられなくなるという人も多いです。

ハルシオンのように、短時間でガツンと効くタイプの睡眠薬を服用し続けていた人に起こりやすいと言われています。

奇異反応

睡眠薬を飲むことで不安や緊張が高まったり、攻撃的な行動を取ったりすること。

多量の睡眠薬を服用した時や、睡眠薬と一緒にアルコールを摂取した時に発生します。

なお、睡眠薬とアルコールを一緒に摂ることは非常に危険で、夢遊病のような症状など、思いがけない副作用が出る危険があります。

海外では販売が禁止されるほど強い!

強くて即効性のある睡眠薬は、依存や乱用に繋がりやすいと言われています。

ハルシオンもそういった傾向があるので、イギリスなどいくつかの国では販売が禁止されています。

依存性が強くて販売禁止になった薬、なんて言うととんでもなく危ない薬のように聞こえてしまいますね。

しかし日本では処方が許可されていますし、用法容量を守って正しく服用すればそうそう依存症にはなりません。

依存症になってしまう人は決められた量より多くの量を勝手に飲んでしまったり、医師から減薬を指示されているにもかかわらずそれを無視してしまうような人です。

睡眠薬への依存も薬物依存の一種ですから、服用の際にはちゃんとルールを守り、依存の危険性も把握しておく必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

ハルシオンは効果が強いのでその分副作用も心配になりますが、医師の指導のもと正しく服用していれば問題はありません。

使用を検討している人は、まずは必ず専門の医療機関で医師に相談してください。

勝手に大量に服用したり、必要ない時にまで頻繁に飲むと依存症などの危険があります。

そのリスクをきちんと理解した上で使用するようにしましょう。

おすすめの個人輸入代行サイト

服用している薬をハルシオンから変えたい場合には、個人輸入代行サイトでの購入も可能です。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。

睡眠薬「ハルシオン」が個人輸入で買えない理由が衝撃的!

超短時間作用型の睡眠薬で、なかなか寝付けないタイプの入眠障害に悩まされている人に人気のハルシオン。

通常であれば医療機関で処方を受ける必要があるのですが、いちいち病院に行くのも面倒。

という理由から、通販で購入したいと考えている人もいるでしょう。

しかし残念ながら、ハルシオンは通販では購入できません。

それはなぜなのか、これから説明していきますね。

法律で禁じられているから!

ズバリ、法律違反になるからです。

ハルシオンは、睡眠障害だけでなくうつ病の治療にも使われる薬で、「薬事法、麻薬及び向精神薬取締法」で向精神薬に指定されています。

向精神薬に該当する薬は取り扱いが定められており、薬局やドラッグストアはもちろん、個人輸入代行サイトで取り扱うことも薬事法や麻薬及び向精神薬取締法違反になってしまうのです。

つまり、ハルシオンが欲しければ病院で処方してもらうしか方法がありません。

では、なぜ病院での処方以外が禁止されているのでしょうか?

それには二つの理由があります。

依存性と副作用が強いため

ハルシオンは即効性に優れており、服用後10~20分程度で眠気が現れ始めます。

睡眠薬は、即効性があり短時間で強力な効果があるものほど依存性や副作用が強いと言われています。

現在主流のベンゾジアゼピン系の睡眠薬の中でも、ハルシオンはその最たるものです。

薬効が強く依存性も高いため、初期の不眠患者にいきなりハルシオンが処方されることはほとんどありません。

海外ではハルシオンの販売を中止した国も多数あります。

それだけ強力なハルシオンがドラッグストアなどで簡単に購入できてしまえば、確実に睡眠薬依存患者の増加を招きます。

そのため、個人輸入であっても医師の処方なしに購入することは禁止されているのです。

犯罪に利用されるのを防ぐため

ハルシオンはその即効性と薬効の強さから、犯罪に悪用されることも少なくありません。

過去に、ハルシオンをお酒に混ぜたものを女性に飲ませて無理やり眠らせる事件がありました。

このような事件が少なからずあるため、厚生労働省では睡眠薬悪用の被害を防ぐために『悪用防止対策の要請文書』を提出しています。

この要請に基づき、すでにロヒプノールやサイレースなどの一部の睡眠薬は水に溶けると青く変色するように改良されたそうです。

これまでは水に溶かされていても無色透明で気付きにくかったものが、色の異変で気付きやすくなりました。

この変更が広く知れ渡り、被害拡大の防波堤になることを願います。

本来であれば悪用すること自体を規制、根絶することが望ましいのですが、このように被害者側が気を付けなければいけなかったり、流通を規制しなければいけないのが悲しい現状です。

ジェネリックも禁止

先発品がだめでもジェネリックなら、とお思いの方もいるかもしれません。

しかし、ハルシオンのジェネリック「トリアゾラム」も、先発品と同じく向精神薬に指定されています。

当然ですが、効果が同じ薬を許可していれば規制の意味がありませんからね。

つまり、ジェネリックであってもハルシオンのように薬効の強い睡眠薬を個人輸入で購入することは不可能なのです。

個人輸入で買えるのは安全性の高い薬

どうしても睡眠薬を個人輸入で購入したいのであれば、向精神薬に指定されていない薬を買うしかありません。

デパスやアモバンは以前まで個人輸入が可能でしたが、2016年10月から向精神薬に指定されたため、現在は個人輸入が禁止されています。

2017年7月現在の時点で個人輸入できる睡眠薬は、ロゼレム、ハイプナイト(ルネスタジェネリック)など、薬効が弱めで安全性の高いもの。

その他、睡眠薬ではありませんが不眠に効果的な薬でいえば、睡眠改善薬のソミナーや抗不安薬のバスピン、不眠改善サプリのメラトニンなどです。

いずれにしても、強力な睡眠薬は個人輸入であっても手に入れることはできません。

まとめ

本記事をここまで読まれた方にはわかっていただけたかと思いますが、ハルシオンは軽々しく使用できる薬ではありません。

ただでさえ睡眠薬依存症患者の多さが問題になっているのに、さらに犯罪にまで利用されてしまえばこの規制も仕方ないと言えるでしょう。

ハルシオンのような強い薬が欲しければ医師に相談するほかありませんし、相談したからと言ってはいどうぞと出してもらえるものでもありません。

自身の症状や睡眠障害のタイプなど、きちんと理解した上で自分に合った薬を見つける必要があります。

おすすめの個人輸入代行サイト

ハルシオンでなくてもいいから、個人輸入で睡眠薬を購入したいという方もいるでしょう。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。

ショック!睡眠薬「マイスリー」が個人輸入で買えない理由

超短時間作用型の中でも特に即効性に優れている睡眠薬『マイスリー』。

その効果と副作用のバランスの良さから、様々な病院で処方されている薬です。

そんなマイスリーを、病院に行かずに個人輸入などで入手することはできないか?

そう思う人も少なくないでしょう。

しかし、残念ながらマイスリーは個人輸入では購入できません。

それはなぜでしょうか?

法律で禁じられている!

結論から言うと、法律違反だからです。

マイスリーは「薬事法、麻薬及び向精神薬取締法」で向精神薬に指定されています。

向精神薬に該当する薬は取り扱いが定められており、薬局やドラッグストアはもちろん、個人輸入代行サイトで取り扱うことも薬事法や麻薬及び向精神薬取締法違反になってしまうのです。

そのため、マイスリーを入手するには病院で処方してもらうしかないのです。

ジェネリックも禁止

個人輸入が禁止されているのは先発品だけではありません。

マイスリーのジェネリック「ゾルピデム」も、同じく向精神薬に指定されています。

当然ですが、効果が同じ薬を許可していれば規制の意味がありませんからね。

つまり、ジェネリックであってもマイスリーのように薬効の強い睡眠薬を個人輸入で購入することは不可能なのです。

個人輸入で買えるのは安全性の高い薬

どうしても睡眠薬を個人輸入で購入したいのであれば、向精神薬に指定されていない薬を買うしかありません。

デパスやアモバンは以前まで個人輸入が可能でしたが、2016年10月から向精神薬に指定されたため、現在は個人輸入が禁止されています。

2017年7月現在の時点で個人輸入できる睡眠薬は、ロゼレム、ハイプナイト(ルネスタジェネリック)など、薬効が弱めで安全性の高いもの。

その他、睡眠薬ではありませんが不眠に効果的な薬でいえば、睡眠改善薬のソミナーや抗不安薬のバスピン、不眠改善サプリのメラトニンなどです。

いずれにしても、強力な睡眠薬は個人輸入であっても手に入れることはできません。

個人輸入にはリスクが付きまとう

インターネットから簡単に薬が購入できて便利な個人輸入ですが、もちろんそれなりのリスクが伴います。

個人輸入で購入した薬の半分は偽物と言われています。

偽物の薬を製造している現場は衛生的にも問題がありますし、品質管理もずさんなことが多いです。

自分の体の中に入れるものですから、何よりも安全性を優先してくださいね。

まとめ

睡眠薬の入手方法として、一番良いのはもちろん病院で処方してもらうことです。

しかし、忙しさや距離の関係でなかなか病院には行けないという方もいるでしょう。

個人輸入のリスクを理解した上で自分に合った薬を正しく服用するのであれば、個人輸入を利用するというのも一つの手です。

おすすめの個人輸入代行サイト

せっかくなのでおすすめの個人輸入代行サイトを紹介しておきますね。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。

睡眠薬とお酒を同時に飲むと危険!最悪死亡するケースも……

睡眠薬とお酒の併用は、睡眠薬を使用する以前に寝酒の習慣があった人に多いと言われています。

「睡眠薬とお酒を同時に飲んで死亡した」というケースを耳にしたことがある方も多いでしょう。

では実際に睡眠薬とお酒を同時に摂取することで死に至る可能性はどれくらいあるのか?

正しく睡眠障害を治すためにもぜひ目を通しておいてください。

超危険!実際に死亡したケース

1970年に世界的ギタリストのジミ・ヘンドリックスが睡眠薬とアルコールの同時摂取によって亡くなったのをご存知の方もいるでしょう。

検死の結果、彼の死因は睡眠中に嘔吐し吐瀉物が器官に詰まったことによる窒息死だったそうです。

その他にも、睡眠薬とアルコールを同時摂取して呼吸困難や循環器不全、心臓発作を起こして亡くなる、というケースもあったんだとか。

自殺の方法として睡眠薬とアルコールの同時摂取が挙げられることがありますが、現在主に出回っているベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系睡眠薬を致死量まで飲もうと思ったら成人男性で180万錠ほど必要になるそうです。

つまり睡眠薬自体が危険なのではなく、睡眠薬とアルコールを同時摂取することで薬の効果や副作用が強く出るために危険、ということになります。

実際に死に至る確率としてはそこまで高くないようですが、危険な行為であることは確かです。

飲酒は睡眠薬の邪魔になる!

では、具体的にどういう影響があるのでしょうか。

効果が長引きすぎる

睡眠薬とアルコールには共通点があります。

それは、「脳の神経系を抑制し脳から体をリラックスさせて眠気を起こす」という点。

同じ効果を持つ睡眠薬とアルコールを同時に摂取することで相乗効果が起き、睡眠作用が増強されてしまいます。

一見、ぐっすり眠れるならいいんじゃない?と思ってしまいがちですが、気を付けなければいけないのは睡眠薬の作用時間まで伸びてしまうということです。

どうしてそんなことが起こるのでしょうか。

それは、睡眠薬もアルコールも両方肝臓で分解されるので、アルコールの分解に手間取って睡眠薬がスムーズに分解できなくなってしまうからです。

その結果通常よりも長い時間肝臓に薬が残るので、朝が来ても睡眠作用が続いてしまい、日中の眠気や倦怠感などの持ち越し効果が発生するというわけです。

これは特に、サイレースやドラールなど中間作用型から長時間作用型の薬を飲む時に起こりやすい作用です。

夜中に目が覚めてしまう

逆に睡眠作用が働きにくくなることもあります。

さっきと言ってることが違う!とお思いの方も多いでしょう。

これは、アルコールを分解する時に発生する「アセトアルデヒド」という物質によるもの。

アセトアルデヒドには脳を覚醒させる作用があるので、アルコールの分解が進んだ夜中に覚醒作用が働き、目が覚めてしまう可能性があります。

超短時間作用型のものは3~4時間で睡眠作用が薄くなってきます。

そのタイミングでアセトアルデヒドの覚醒作用が働くので、夜中に目が覚めてしまうというわけです。

こちらは逆に、ハルシオンやアモバンなど短時間作用型の薬を服用した時に起こりやすいです。

まとめ

飲酒運転を咎める言葉で、「乗るなら飲むな、飲むなら乗るな」というものがありますね。

睡眠薬とお酒にも同じことが言えます。

「お酒を飲むなら薬を飲むな、薬を飲むならお酒を飲むな」。

両方ともやめろとは言いません。飲むのであればどちらか片方にしましょう、ということです。

睡眠薬もお酒も、どちらも過剰に飲み続けることで依存に繋がるおそれがあるものです。

両方をずっと飲み続けていれば、次第に睡眠薬だけ、お酒だけでは眠りにつけなくなってきます。

そうなってしまえば重篤な依存症になる未来もそう遠くないでしょう。

そこから抜け出すのはかなり困難です。

取り返しがつかなくなる前に現在の病状と真剣に向き合い、改善していこうとする努力が必要です。

最後に通販で睡眠薬を購入している方に一つ情報サイトを紹介しておきます。

個人輸入代行サイトの情報やお薬の価格などをわかりやすく比較しているサイトです。

どこの個人輸入サイトを利用しようか悩んでいる方は時間のある時にでも見てみてください。

サイトはこちら

おすすめの個人輸入代行サイト

睡眠薬は正しく使えば決して体に悪いことではありません。

薬を購入する手段としては、個人輸入代行サイトという手もあります。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。

記憶がなくなる!飲みすぎは危険な睡眠薬マイスリーの副作用

超短時間作用型の睡眠薬、マイスリー。

名前を聞いたことがある人も多いでしょう。

比較的副作用が起きにくいと言われている非ベンゾジアゼピン系のマイスリーですが、実際のところはどうなのでしょうか?

実際にマイスリーを使用して副作用が起こった人達の声も一緒に紹介していきます。

マイスリーってこんな薬

マイスリー
分類超短時間作用型
薬剤名ゾルピデム
最高血中濃度
到達時間
0.8時間
血中半減期2.3時間
効果出現までの時間15~30分
作用時間5~6時間

マイスリーは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬。

非ベンゾジアゼピン系というのはベンゾジアゼピン系の改良型で、ベンゾジアゼピン系に比べて副作用が起きにくいと言われています。

安全性の高さが大きな特徴ですが、副作用がないわけではありません。

記憶が抜け落ちる!恐ろしい副作用

睡眠薬の代表的な副作用はいくつかありますが、マイスリーの服用時に見られるものを紹介していきます。

一過性前向性健忘

睡眠薬を服用したあと、自分では記憶がないのに、物を食べたり人と話したりしていることがあります。

こういった副作用は、超短時間型のベンゾジアゼピン系(ハルシオンなど)で多いと言われており、非ベンゾジアゼピン系のマイスリーでは可能性は低いのですが、全く起こらないというわけではありません。

薬が急激に効くことで脳が中途半端な覚醒状態になってしまい、記憶が抜けたりもうろうとしたりしてしまうのです。

一般的には急激に効くお薬(超短時間型)に多く、また多くの量の睡眠薬を服用している場合に起こりやすいようです。

このような症状が出てしまったら、マイスリーの量を減らす、作用時間の長い薬に切り替えるなどで対策をする必要があります。

依存性や耐性の形成

長期にわたって服用を続けることで体が薬に慣れてしまい、決められた量では効き目が感じられなくなってしまうことを言います。

耐性がついてしまったために用量以上の薬を飲んでしまい、体がどんどんそれに慣れていって、最終的には重度の依存に陥ってしまうというケースもあります。

睡眠薬はなんとなくでずっと飲み続けるものではなく、あくまで一時的な不眠を解消するためのものです。

服用の期間が長くなればなるほど耐性も上がり、依存症のリスクも高まってしまいます。

利用者の体験談

紹介したのはごく一部ですが、マイスリーを飲んでから記憶をなくしたことがあるという人はかなりたくさんいました。
自分の知らないところで自分が勝手に動いてる……って、なんだか怖いですね。

決められた量より多く飲んでしまった場合に症状がひどくなるようです。

まとめ

いかがでしたか?

ひどい健忘になったという人の中には、何シートも飲んでいわゆるオーバードーズをしてしまっている人もいました。

いずれにしても、決められた量だけを飲んですぐに布団に入れば問題はありません。

必要な時に必要な分だけ飲んで、正しい使い方をしていれば怖い薬ではないので安心してくださいね。

おすすめの個人輸入代行サイト

マイスリーから別の薬に変えたいという場合には、個人輸入代行サイトからも買うことができます。

私も以前、こちらの『まこと薬局』さんを利用するにあたっていくつか問い合わせをしたのですが、対応がとても良く安心して利用できたのでおすすめしておきます。

個人輸入代行サイトでは珍しくクーリングオフも可能なので、自分に合った薬を見つけるにはぴったりのサイトです。